« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

夢屋ドリームカップ

 ちょっと計画外でしたが、今年初観戦です。

 本当は、金曜日からの予定でしたが、仕事のトラブルがあり、土曜日日帰りとなりました。

20110226152425

 夜1:00に自宅を出て、途中2回のピットインを経て、7:00に現地到着しました。

 まずは、三井プロのティーショットを見ようと10番ティーへ行くと、斉藤美香プロと西川みさとプロの姿がありました。
 しかし、三井プロのティーショットは、捕まりきれず池を越えずに1ペナとなってしまいました。

 前半は、1つ後ろの横山倫子プロの組を観戦。後半は、三井プロの組を観戦、さらに、久しぶりに西川みさとプロの組を観戦しました。

 前半の横山プロは、持ち前のパターが決まらず、苦しいラウンドでしたが、後半は少し、盛り返したそうです。

 三井プロは、珍しく、ピンタイプのパターを使用してました。先日のプロアマの時に、冬場は感覚をつかむためにピンタイプを使用しているとのことでしたが、試合でも使っているようです。前半は、パターがショートめだったようですが、後半は、よく打ち切れていて、見ていて気持ちの良いプレーでした。今年こそは、ファイナルQTで上位に入ってほしいです。

 そして、西川みさとプロは、上がりの5ホールだけでしたが、ナイスアプローチ、ナイスバーディー、ナイスパーセーブと見応えたっぷりでした。ツアーに本格復帰に向けて、期待が大きくなりました。

 みさとプロの組は最終から3組目ということで、18番に着いたときには、グリーン周りにすごい数のギャラリーがいました。まるでレギュラーツアーでした。三井プロ曰く、アジアンサーキットは、こんなにギャラリーはいないそうです。
 

 今回、初めての日本開催だそうですが、このギャラリーの数を見ると、これからも続きそうです。見る方も、ちょっと癖になりそうな大会です。

疲れた~

 土曜日は、往復850km単独走行。

 そして日曜日は、朝からトラブル対応.....かなり疲れました。

 スーパー智恵ちゃんも勝てなかったし、世界を捕るのは、簡単ではないということですが、本当に惜しかったですね。

 で、疲れたので、練習場は、70球で切り上げました。先週のラウンドでは、アイアンがぼろぼろでしたが、金曜日、今日と練習場では好調....なんでだろう?ヘッドが目標方向に抜ける感覚も戻ってきたし....暖かくなってきたせいでしょうか?

 サンドウェッジの調子が悪いので、去年使ってた101LBに戻すことにしました。黒いヘッドが良くないのか、それとも、微妙な重さの違いがあるのかは不明です。

2011年2月26日 (土)

復刻?

コンビニで見つけました。
 
中学時代に、よく買ってましたが、復活したんでしょうか?
 
 
 
 
スポーツドリンクもあったんですが、こちらは復活しないんでしょうか?

2011年2月19日 (土)

栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部

 10年くらい前に、部屋の中で見慣れないグリーンマーカーを発見したのですが、どこのコースか分からない....。マーカーに書かれた「TGC」というキーワードを元に調べたところ、栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部であることまでは分かったのですが、ラウンドした記憶なし。会社の先輩曰く、「前にコンペやったよね?」
 でも、やっぱり記憶なし。そのコースをラウンドしたかどうかが分からないことは、あまりないんですが、やっぱり気持ちが悪いので、いつかはラウンドしようと思っているうちに10年たってしまいました。

 朝出るときは、土砂降りの雨でしたが、コースに着いたときには止んでました。やっぱりオイラは、日頃から行いが良い!
 ちなみに、コースはやはり初めてでした、9分9厘。残りの1厘は.....言葉の綾です。

 雨上がりで、フェアウェイはぐちゃぐちゃでしたが、グリーンはきれいでした。昨夜は暖かかったこともあり、凍結もなく、真冬とは思えないくらい、きれいに整備されていました。
 バンカーも巧みに配置され、池も適度にあり、楽しいコースでした。距離が短いので、ブルーティーがおすすめです。

 裏最終組のスタートということで、後続なし。セルフプレーということで、こっそりブルーティーで回ってみました。距離は6188Yですが、コースレートは69.1で意外と難しく作られています。

 復調したティーショットは、今日も安定してましたが、今日もアイアンが壊滅状態で、特にアプローチが最悪でした。ぬかるんだグリーン周りで、ざっくり連発でした。ティーショットがフェアウェイなのに、スコアにならないもどかしさ。結局106打ちました。

 7,9,7,5.....何の数字でしょう?

....ナント、ショートホールだけで、16オーバー! 全部ボギーと仮定しても、12縮まります。

 コースは、OUTは広く短く、INは、やや狭めです。全体的に、右ドッグレッグが多く、フェードヒッター向けのコースという印象でした。まっすぐ打つと突き抜けてしまうホールも多いので、初めて回るときは、キャディ付きにするか、測定器が必要です。
 インターから近いので、首都圏からもアクセスしやすいコースでした。

2011年2月13日 (日)

素振り棒

本当はバット系が好きなんですが、キャディバッグに入れると、けっこう邪魔なので、スティック系にしてみました。
赤い方のグリップを持って振ると、かなり重く、青い方を持って振ると、軽くビュッと振れます。
両端を持てば、ストレッチができるという便利品です。
後で気づいたのですが、先月、赤堀奈々プロのブログで紹介されてたやつでした。
(^_^;)
あ、しまった! 500円割引券出すの忘れてた!
....と思ったのですが、レシートみてみると、10%引いてくれてました。
う~、持つべきものは友達と店員さんです。

2011年2月12日 (土)

久しぶりにバーリトゥード

 先日、赤城でバースデープレゼントとしてワインをいただきました。

 お休みついでに、そのワインを飲みながら、先週末にスカパーで録画していたUFCをみました。

 山本KIDがUFC参戦しましたが、しょっぱすぎでした。もう、過去の人なのでしょうか?

 マインカードは、“UFC無敗の王者”アンデウソン・シウバ vs ブクトー・ベウフォート。共に、かつてPRIDEを沸かせた両雄の対決でしたが、A・シウバの前蹴りでKO決着でした。
 下からアッパーに入った前蹴りは、鳥肌ものでした。かつて、PRIDEで、このA.シウバに勝った日本人が2人いました。三角締めで金星を挙げた高瀬大樹と、劣勢から蟹挟み→ヒールホールドの大逆転勝利を挙げた“ピラニア”長南亮。二人とも鮮やかな勝利でしたが、今考えると、すごいことでした。

 なんだか懐かしくなって、昔のPRIDEがみたくなり、DVDを引っ張り出してきました。
 なぜか目にとまったのは、「PRIDE15」(2001年)でした。

 何気に選んだVTRでしたが、面白かった~。フジテレビの演出も最高でした。

 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs ゲーニー・グッドリッチ...ノゲイラ初参戦の試合でした。
 マーク・ケアー vs ヒース・ヒーリング...世代交代。二人とも、その後どこ行った?
 桜庭和志 vs クイントン“ランペイジ”ジャクソン....ジャクソン初参戦
 石澤常光(ケンドー・カシン) vs (故)ハイアン・グレイシー

 考えてみると、この試合、私は会場にいました。ノゲイラが三角締めを極めたときは、何が起きたのかわかりませんでした。桜庭和志が勝ったときは、さいたまスーパーアリーナが、揺れました。例えじゃなくて、まじで揺れました。すごかったです。石澤常光の紹介ビデオの最後に新日本プロレスのロゴが出たとき、会場が沸きました。

 プロレスは、シナリオありのエンターテインメントですが、これは周知の事実。その中で、鍛え上げられた肉体で戦う男たちの姿は、それを超えた真剣勝負にも見えます。だから、プロレスファンが存在するわけで、それはそれで楽しい。私も、学生時代はプロレスファンでした。あるプロレスファン曰く「K-1は好きじゃないけど、PRIDEは好きです」。そんな声もありました。そして、そのプロレスをガチンコ勝負にしたのが総合格闘技でした。最近、巷で“八百長”が噂になってますが、八百長はいけません!プロレスは、シナリオはあるけれども八百長でないから面白い。あの“受け”の美学は、人間離れしていて面白いです。

 ワイン飲み干して、けっこういい感じのまま書いてるので勢いで、もうひとつ!

 このPRIDE15には、もう一つ、思わぬ歴史の1ページがありました。それは、ここでデビューした有名人が一人.....

 フジテレビ新人アナウンサー高島彩!!!

 今も覚えてます。会場ではみれませんでしたが、録画していたビデオでみた時の衝撃。「この子は、絶対に人気爆発する!」
 ルックスはその前提ではありますが、何よりも“しゃべり”が新人離れしてました。落ち着いてました。そして、長年にわたり、めざましテレビのキャスターを勤めたのは予想通りの結果でした。酔ったついでに書くと、私は生野の“どや顔”が嫌いなので、早く替えてほしいです。顔に書いてあるんですよね、「私、可愛いでしょ!」って。

やっと休日

 3連休~~~~!

 と、言いたいところでしたが、もう曜日の夜は泊まり込みで作業でした。外は、みぞれだし、まだ仕事が残ってると思いながらも、現実逃避して、15:00で引き上げてきました。

 帰った後は、バタン・キューでした。

 仲間たちは西遊記してるので、悔しさ&空しさを紛らわすべく、打ちっ放ししてきましたが、アイアンの調子が、やはり良くない。先日のようなトップボールは出ませんでしたが、左右にばらついて、話になりませんでした。230球打って、ショートアイアンの感覚が戻ったのが救いです。少し、グリップが下がりすぎてたので、ハンドアップ気味に戻しました。

 その後、いつものゴルフショップへ再来週末のコンペの景品を調達しに行ってきました。ところが、ここで、問題発生!

 いつもの店員さんが、2名ともいない!

 仕方ないので、表示価格で買いましたが、他にあったほしいものは、買わないことにしました。

2011年2月 5日 (土)

佐原カントリークラブ

 会社の営業さんからコンペに誘われて、緊急参戦となりました。

 初めて回るコースなので、グリーンマーカーのコレクションが増える!

 と思ったら、アコーディア系でした。増やせん.....。

 しかし、楽しいコースでした。

 これは、クラブハウスのレストランからの画像です。

20110205075224

向かって左が9番グリーンで、右が18番グリーンです。

でも、実は、ティーグラウンドは、向かって左が18番ティーで、右が9番ティーです。

つまり、ティーショットがクロスするという珍しいホールです。う~む、青島ゴルフクラブ顔負けです。

で、結果は、49(19PT)/46(16PT)で、95(35PT)で、11位でした。

やや狭めのフェアウェイで、池が利いてますが、全体的に距離が短く、バンカーのプレッシャーも少ないので、そんなに難しくは感じませんでした。なのに.....

とりあえず、今年に入って、徐々に良くなってきたドライバーは、今日で完全復活です!

しかし、アイアンが壊滅状態で、殆どパーオンできずでした。バンカーと、林の中からのリカバリショット以外は、ショートアイアンもミドルアイアンも全部ダメでした。

あっれ~?って感じでした。次の休み(いつだ?)に、しっかり練習しないとです。

2011年2月 2日 (水)

あんすとっぱぶる

定時退社日ということで、映画を観にきました。
 
しかし、ナント、貸し切り!
 
 
 
 
まじで他に客がいないっす。(^_^;)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ