« Waggle2月特大号 | トップページ | リシャフト・第2弾 »

2007年12月23日 (日)

LPGAツアー後半戦

 ここに来て、忙しいのなんの、仕事と趣味の両立というのも、かなりの体力を消耗します。というか、仕事が忙しい中でも身を粉にして遊んでいるというのが実態です。
 さて、(もっと早く書きたかったのですが)あっという間に今年の女子プロゴルフツアーも終わってしまいました。前半戦終了時点で、現地観戦した試合をギャラリーの視点で開催コースを中心にふり返ってみましたが、後半戦についても、今更ですが、レポートしてみたいと思います。(毎度長くてすいません)

■クリスタルガイザーレディース ~京葉CC~
 (観戦日: 2日目、最終日)

 このトーナメントが開催されるようになって、まだ3回目ですが、「とにかく暑い!」という印象があります。何度が雨が降ったりもしてますが、今年は雨もなく、試合内容も大混戦で、暑い中での熱い戦いが繰り広げられました。
 コースは、比較的平坦ですが、8月の第1週目ということで、とにかく蒸し暑い大会で、クリスタルガイザーの大会ロゴが、夏らしさを引き立てている感じがします。この大会では、ギャラリープラザのメニューが豊富で、アイスやかき氷、クリスタルガイザーでめんつゆを割った”クリスタルガイザーそうめん”、焼きたてメロンパンなどを販売しているのが特徴です。
 ハーフターンで、アイスを購入している選手もたくさん見かけます。ギャラリープラザも広く、メニューも充実しているせいか、ラウンド後にも、選手や帯同キャディさんたちが、家族ぐるみで食事をしているシーンもよく見かけます。おそらく、最も多くの選手がギャラプラに現れる大会ではないでしょうか。
 裏で全英女子オープンが開催されているため、正直のところ、ギャラリーがいつもより少ない気がします。しかし、裏を返せば、観戦する側にとっては、非常に快適に観戦することができる大会でもあります。来年は、5月に開催が決まりました。メニューがどのように変わるのかも楽しみです。

■NEC軽井沢72ゴルフ ~軽井沢72・北コース~
 (観戦日: 2日目、最終日)

 言わずと知れた日本を代表する高原リゾート地。会場のすぐ近くにギャラリー駐車場があり、駐車場から歩いて会場入りができます。北コースは比較的平坦ですが、雨などで芝が濡れると、洋芝のせいか意外に足が疲れます。さすがに避暑地ということで、真夏のわりには快適なゴルフ観戦ができます。
 ホール間も行き来がしやすいため、いろんな組に付いて回りたい方は、とても観戦しやすいのではないかと思います。
 ちなみに、高地ということで、若干ボールも飛ぶようで("軽井沢価格"という呼び方もあるようです)、飛距離などを見る場合は、本来よりも1クラブ程度下げて打っていると考えた方が良さそうです。
 軽井沢72は、もともとは72ホールがありましたが、現在は108ホール(北・南・西ブルー・西ゴールド・東入山・東押立;計6コース×18ホール)あるようです。
 特に会場となっている北コースは、西コースと隣接しているため、プレー中に隣の西コースから、「ナイスショット!」などプレーヤーからの声が入ってくることがあります。また、18番ティーの後方には、砂利道の一般道があり、車が通ります。昨年、観戦したときには、横峯さくらプロのティーショットで、ちょうど切り返しのタイミングで、通りかかったタクシーの窓から、おばちゃんの声で「あ!さくらちゃん、さくらちゃん!!」と叫び声があがったことがありました。幸い、ティーショットはフェアウェイ真ん中を捕らえましたが、軽井沢ならではのハプニングでした。

■ヨネックスレディース ~ヨネックスCC~
 (観戦日: 2日目、最終日)

 この1週間前の新キャタピラー三菱と共に、1年間のうちで最も暑いと言われる大会です。CATの会場・大箱根CCもそうですが、暑い上にアップダウンが激しいため、ギャラリーにとっては、地獄のような暑さです。水分をしっかり補給しないと危険ですが、INスタートの組に付いたりすると、後半のホールでは、ギャラリーが少ないために、既に売店が閉まっている場合があるため、水分は多めに携帯した方が良さそうです。
 一方では、ギャラリープラザのメニューが豊富で、浜焼きというのでしょうか、ホタテやタコなど海の幸の串焼きや、海鮮系の弁当も販売していました。もう、ビール抜きでは観戦できません。(^_^;)
 また、女子プロトーナメントの名物の一つでもあります"チャリティフォトサービス"も少し凝っています。デジカメで撮影した写真を紙製のケースに入れてもらえるのが嬉しいです。

■ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン ~利府GC~
 (観戦日: 2日目、最終日)

 こちらも新潟同様にギャラリープラザのメニューに特長ありです。宮城県ということで、牛タンや牛すじを使ったメニューやお隣山形県の米沢ラーメンなど、特有のメニューがありました。ただ、ギャラリープラザが狭いのがちょっと残念でした。
 利府ゴルフクラブは、アップダウンがあり、雨などでぬかるんでいると、歩くのに非常に気を遣いますが、両端に斜面(土手)が多いので、グリーンを見下ろせる場所が多く、カップの位置が見やすい印象がありました。
 2年前の11月に一度ラウンドしたことがありますが、11月になると芝の緑が薄くなってきてしまうので、次は是非、緑色の芝の上でラウンドしてみたいと思います。

■SANKYOレディース ~赤城CC~
 (観戦日: 2日目、最終日)

 自称ホームコース、コース概要は全ホールしっかりと頭に入ってます。携帯サイトでホールバイホールのスコア速報を見て、ダブルボギーがあったりすると、グリーン手前の池に入れちゃったかな?とか想像してしまいます。パブリックコースのため、誰でも気軽にラウンドできます。運が良くないと、なかなかメイングリーンで回れないのですが、サブグリーンでも十分に手強いです。ハウスキャディさんによると、サブの方が嫌らしいかも知れないと言われるほどです。ただ、池のあるホールでは、サブグリーンの方が攻め安くなります。トーナメントでは難関となっている15番の短いミドルホールは、実はサブグリーンの方がトーナメントで使用されています。そのため、トーナメントが近くなると、通常営業日では、15番だけメイングリーンを使われるようになります。
 この時期は、いつも台風の影響を受けるなど、雨の多い時期です。2004年には最終日が雨で中止となり、昨年は初日が中止となりました。3日のうち1日は雨が降ることが多いのですが、今年は雨に祟られなかったようです。
 このコースも全体的に、土手が多く、ギャラリーが多くなっても、上から見下ろせる場所の多いコースです。但し、アップダウンがあり、特に12番グリーンから13番ティーに向かう通路は、選手はリフト、ギャラリーは回り道して上り坂となるので、ダッシュしないとティーグラウンドに間に合いません。でも、この13番はティグラウンドから前方に赤城山が見える、最も景色の綺麗なホールなので、ギャラリーとしては、頑張って急ぎたいところです。
 練習場が短いことと、ギャラリープラザにハエが多い(周囲に養鶏や酪農家が多いようです)のがちょっと残念です。
 通常の営業日のラウンド費用については、トーナメントコースとしては、最も安いのではないでしょうか。そして戦略性もあり、とても綺麗なコースなので、イチ押しのコースです。また、コンペについても、ゴルフ場側で賞品を用意してくれるので、幹事さんにはとても心強いと思います。

■富士通レディース ~東急セブンハンドレッドクラブ~
 (観戦日: 初日、2日目、最終日)

 ラフがとても深く、ミドルホールでフェアウェイを外すと、パーをセーブするのが大変になります。特に最終18番は、フェアウェイが左に傾斜しており、フェアウェイ真ん中に落ちたボールが、ラフへと転がっていきます。今年から、ガードバンカーが深くなり、”アゴ”が”壁”に変わりました。
 このバンカーが今年、いきなりドラマを作りました。横に出すしかないバンカー....プロにとっては、ある意味屈辱的なシーンだと思います。
 ちなみに、以前、富士通レディースが開催されていた浜野ゴルフクラブが、来年は、ステップアップツアー「ジョイントコーポレーションカップ」で使われるようです。
 個人的には、もう一度浜野で、レギュラーツアーが見てみたいと思います。
 千葉のコースは、比較的平坦なせいか、ホール間を行き来しやすいコースが多いようです。

■IDC大塚家具レディース ~武蔵丘GC~
 (観戦日: 2日目)

 最終日は晴天に恵まれたものの、雨に祟られた今年の大会でした。
 特に2日目は大雨の記憶しかなく、ギャラリープラザなどの情報は持っていませんm(__)m
 イメージ的には、広くて長いという感じがしてます。ロングヒッターに有利なコースです。

 また、早めに会場入りすれば、車も歩いて会場入りできるところに駐車できるようです。 

■伊藤園レディース ~グレートアイランド倶楽部~
 (観戦日:2日目、最終日)

 とにかく綺麗なコース。個人的には、リゾートトラストのグランディ那須白河と並んで、最も綺麗なコースだと思います。日本のゴルフ場は綺麗だと言われますが、それを象徴するかのようなコースです。おそらく、プロも絶賛するコースではないかと思います。特に、上がりの3ホールは絶品です。
 距離はあまり長くなく、池やバンカーが巧みに配置され、飛距離のある選手にも、小技の上手な選手にも、平等なコースというイメージがあります。
 去年は2回ラウンドしましたが、いずれも撃沈だったので、来年もまたラウンドしてみたいと思います。高いですが.....。

 今年開催されたコースの中で、残念なことに、リゾートトラストのグランディ那須白河は、来年はコースが変わることになりました。滋賀ということで、ちょっと行けないのが残念です。とても綺麗で、観戦しやすいコースでしたので、またいつか開催して欲しいと思います。
 来年は、オーストラリアもあるようです。これ、見に行く日本人はいるんでしょうか?
 また、スケジュールにも動きがあるようです。先にも述べたように、クリスタルガイザーが、GW開催となりました。やはり、猛暑と全英の影響で、ギャラリー数が少なかったからでしょうか?その8月1週目は、シーズン唯一のオープンウィークとなりました。そのほか、サロンパスが1週間ずれて、スタジオアリスも4月第2週目となりました。そして、遂に38試合となってしまいました。
 私の開幕戦は、静岡・葛城のヤマハなか?と考えてます、今は。(ちょっと悩んでます)

« Waggle2月特大号 | トップページ | リシャフト・第2弾 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

まっち~さん

非常に詳細なレビューありがとうございます!
忘れていた数々のことを思い出しました。
私の一番印象深いツアーは、やはり茂木さんが優勝した、京葉CCクリスタルガイザーです。
TEE SHOT後方の冷風器と18番の大きなスクリーンも印象に残っております。
2008年は開催日がGWに変わりますが、茂木Pには連続優勝を期待してます。
SANKYO LADYSも茂木P所属の赤城CCなので、是非頑張って欲しいです。

しかしマッチーと共に同じ栃木に住んでいながら男子も女子も
トーナメントが開催されない。全国で4番目にゴルフ場が多い(144箇所だったかな?)のに。。。。。 政治家にゴルフ好きがいないから????
朝ゆっくり起きて見に行きたいね。
(いつも4時起き)

JOGIさん
 私もクリスタルガイザーが、最も印象に残ってます。真夏の炎天下でしたが、それ以上に自分自身が熱くなりました。

井戸からの生還者さん
 お久しぶりです....っていうか、この名前では初めまして(?_?)
 一番近いのは、SANKYOの赤城とニチレイの美浦でしょうかね。ステップはホウライから58に変わったようですが、平日はちと難しいですね。
 というわけで、来年も遠征しますよ!(^_^)

この記事へのコメントは終了しました。

« Waggle2月特大号 | トップページ | リシャフト・第2弾 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ