« セブンハンドレッドクラブ(2006.12.24) | トップページ | 1年間を振り返って(エピソード1) »

2006年12月25日 (月)

あれから1年....

思い起こせばちょうど1年前のクリスマスでした。....それは「もう決めましたか?今年最後の3連休&打ち納め」というゴルフダイジェストオンラインからの1通の電子メールから始まりました。そこには、「GDOチーム対抗戦」「人気女子プロゴルファーに挑戦!」の記事が。参加予定のプロは、2人の美人プロゴルファー、赤堀奈々プロと石津朋子プロでした。挑戦という気は全くありませんでしたが、プロに会えるということだけで、迷わずエントリーしてしまいました。今日は、1年前の話を書いてみたいと思います。

当日、10:00スタートにもかかわらず、7:00に会場入り。ほとんど1番乗りで、車はガラガラ、クラブハウスに近いところに数台あるだけでした。ちょうど我々がクラブハウス前でバッグを下ろした直後に、赤堀・石津両プロがクラブハウスに入っていきました。そこで思いついたのは、「せっかくだからプロの隣に車を止めよう!」...だから何だといわれればそれまでですが、滅多にないことなので、当時石津プロが乗っていたアリストの隣があいているのを見つけると、迷わずそこに駐車しました。今考えてみれば、記念写真を1枚撮っておけば良かったっす;;

女子プロに挑戦というのは、途中のショートホールでニアピン対決をするというものでした。我々OUTスタート組は、赤堀プロ、INスタートの組は石津プロと対戦することになっていました。

正直不安でした。ニアピン対決ではありません...参加者は、一体どんなレベルなのだろう? 我々4人の平均スコアは、90代半ばくらいでした。朝食をとりながら練習グリーンを見下ろすと、やはりレベルは高そうでした。
そして、いよいよスタート。....前の組はほとんどがパーオン、私はダボスタート。(ベストスコア方式でしたので、チームスコアはボギー) それでも遅れをとることなく、何とかついて行き、対決ホールの8番ショートホール(148Y、池越えの打ち下ろし)を迎えました。

8番ホールに着いたとき、ちょうど前の組が対戦するところでした。....楽しみでした。あれだけのレベルなら、プロといい勝負かも?
最初に赤堀プロが打ちました。ゆったりとして、とてもキレイなスイングでした。そして放たれた球もまっすぐで、グリーンに落ちていくボールは、まるで舞い降りる蝶のように見えました。
ティーからは少し離れたところで見ていましたが、トーナメント観戦常連の私は、ボールが上がった瞬間、とっさに「ナイスショーッ!」と声を出してました。そして心の中で「うわ~、キレイな球筋...あ~あ、ベタピンだよ。これじゃ誰も勝てないじゃん。」と思った次の瞬間.....ピンの手前に落ちたボールはナント、そのままカップの中へ!

前の組の方々は、本気で勝ちに行ってたと思います。入った瞬間ボー然としていました。(それでも皆、ワンピン以内につけるなど、やはり実力はかなりのレベルのようです。)
一方、生まれて初めてホールインワンを目の当たりにした私たちは大騒ぎ! 私はとりあえずウケ狙いで「プロ、大人気ないっす~!」と叫んでみました。

前の組がパッティングをしている間、赤堀プロと会話する時間がありましたが、緊張してしまい、すっかり舞い上がってました。ラウンドするよりも緊張しました。そして、すっかりファンになりました。「来年は必ず応援に行きます!」と約束を交わしたのはいうまでもありません。
ちなみに、赤堀プロは、我々との対戦の時にも、全く同じスイング、同じ球筋で、打った瞬間「また行ったか?」と思ったほどでした。結果的には、風向きがフォローに変わっていたことと、ホールインワンの後のアドネラリンのせいでしょうか、少しピンをオーバーしましたが、スイングの再現性、プロのすごさを魅せてくれました。

ラウンドの方は、37チーム中26位と大健闘でした。私のスコアも90と好調。ただ、11回もパーオンしながら、1つもバーディをとれなかったことが反省点でした。
そして、ラウンド後にパターゲームがありました。ホールが大小2つあるパターマットで、大きい方に入れば、カレンダー、小さい方に入れば、カレンダーとボールがもらえるというもの。もちろん、カレンダーもボールも赤堀・石津両プロの直筆サイン入りです。
Calendar2006_1

私は、小さい方を選択し、みごとカップイン! でもこのときのパターって、当時、自分が使ってたスコッティキャメロンではなく、会場に置いてあったオデッセイのマレットタイプなんです。この日、11回のバーディパットを1つも決められなかった私は、このころから、パター探しを始めたことはいうまでもありません....。

写真はそのカレンダーとボールです。

Img_0138_1

ゴルファーとしては、人生最高のクリスマスでした。

Img_0139

« セブンハンドレッドクラブ(2006.12.24) | トップページ | 1年間を振り返って(エピソード1) »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ